2009年10月13日火曜日

サマーウォーズの功罪〜概要〜と4バージョンの特徴

前のエントリで書いたようにサマーウォーズの4バージョンをコンプリートしてしまった。
なぜそこまでしたかというと,コミック1巻→映画と見たときに違和感を感じたからだ。

4バージョンを読み,あれこれ考えた結果,違和感の原因を次の2点に集約することができた。設定の不備や矛盾がどうこうという問題ではない。一連のエントリは僕がこう考えたらすっきりしたということアウトプットしただけのものにすぎない。読者がどう受け取るかは読者の勝手だ。

サマーウォーズという一連の作品が成し遂げた功績,それは「創作の工業化」だと考える。そして(特に映画において顕著な)サマーウォーズは「2つの不適切なメッセージ」を大衆に向けて発信するという大罪を犯していると考える。

今後,表記として「サマーウォーズ」とだけ書いた場合は4バージョン全体を指す。コンプエース連載中のスピンオフコミックは未読なので除外する。1バージョンに限定するときは「映画版」「コミック版」「文庫版」「つばさ文庫版」と称する。

さて,それではネタバレ回避のチェックを兼ねて4バージョンそれぞれの特徴について語ってみようと思う。






映画版(リンク先はDVD版):4バージョンの中心といって良いだろう。製作に携わった人の数も多く,最も製作時間・費用が費やされているだろう。しかし要素の詰め込みすぎで大事なところまで省いてしまっているように感じた。


コミック版:杉基イクラによるコミック化。ヤングエースに連載中で,現在1巻までが発売されている。全2巻になる…かな? 映画版と異なるエピソードも多い。個人的には一番丁寧に作っていると思う。ただ,最初に読んだのがコミック版で,唯一簡潔していないバージョンだからという点でひいき目になっているかもしれない。1巻の巻末には細田監督から「結末が変わってもいいから好きなように描いてください」とのコメントが寄せられている。


文庫版:角川文庫から出版された岩井恭平による小説化バージョン。著者の受賞作消閑の挑戦者—パーフェクト・キング (角川スニーカー文庫)でも「天才」と「数学の問題」を扱っていたこともあるなど,小説化の著者としては適任だったと思う。映画版ともコミック版とも異なるエピソードが多い。角川文庫なので挿絵無し。


つばさ文庫版:角川つばさ文庫から出版された蒔田陽平による小説化バージョン。文庫自体が他と比べて低年齢向けだが,決して幼稚なわけではない。単にルビが全部に入っているなど,読みやすさに配慮しているだけだ。若干エピソードの取捨選択があるが,ほぼ映画通りに話が進む。また,台詞もほとんど映画と同じ台詞になっている。しかし,「映像」と「地の文」の違いからか同じシーンでも印象の受け方が全然違う。映画の直後に読むのがオススメ。また,挿絵がコミック版と同じ杉基イクラなのでコミック版と比べても違和感がない。

0 件のコメント:

コメントを投稿